インターネット塾・家庭教師・教育ワード知識

インターネット塾とは

今、人気なのはインターネットを通じて行うのがインターネット塾です。
基本的には、プロの講師が行った授業を動画で配信。
いつでもどこでも高度な内容の授業が受けられるというもの。
大手の東進予備校などもこの授業のやりかたを行っており、成果を出しています。
東進予備校によれば、インターネット受講の採用は、「経費節減や生徒の手間の省略」が主な理由ではなく、インターネット受講による「成績のアップ」が理由です。
今では、専業のインターネット塾もあります。
インターネットの双方向性を利用し、講師の個人指導を受けることもでき、その利便性や授業レベルから今後の成果が期待されます。
料金も「リアル版」よりも安めの設定が多いです。

塾の離合集散

学習塾を取り巻く環境としては、少子化、中高一貫校の増加により対象が減少しているが、一方で通塾者の低年齢化、家計から学習塾への出費額の上昇による市場の拡大傾向が見られる。

これもウィキペディアの記述です。
しかしながら、最近は経済情勢の問題もあり、教育費にどれだけ親がかけられるかも、以前ほどバブリーではなくなってきています。
そんな中、学習塾の業界もさまざまな離合集散があるようです。

---------------------
企業の買収 [編集]

大手塾の買収が増加しており、「中小規模の塾は生き残れないのではないか」とまで言われることもある。同業者同士の買収(例えば、東進ハイスクールによる四谷大塚の買収)もあるが、それ以上に異業種の参入が新しい動きとして出てきている。特に通信教育最大手のベネッセは、この会社の販売する進研ゼミが補習教材であるため、既存塾業者とは段違いの資本力で塾を買収し、受験勉強時期の学生を取り込もうとしている。事実、ベネッセは2007年6月に東京個別指導学院を連結子会社化し、2007年12月3日には鉄緑会の買収を発表した。参考書や学習雑誌を販売する学研は、学校授業の予習復習を行う学研教室を持っているが、この生徒が受験勉強時期に退会するのを防ぐため、塾ビジネスに乗り出している。そして東進ハイスクールを経営するナガセなども注目されている[1]。
---------------------

インターネット塾・家庭教師・教育ワード知識リンク

内臓脂肪とは